スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    前編

    焼小籠包の歴史についてお調べいたしました

    上海では1920年代ごろから人気が集まるようになったようです

    当時の市街地には
    お湯を沸かして住民に提供する
    「老虎釜」と呼ばれる施設がありました

    re050321002_convert_20101211121736.jpg


    大きな湯沸かし器があり 
    真冬には湯気がもくもくと立ち上がっている
    毎日 住民たちが集まってくるので
    老虎釜の周りに自然と椅子やテーブルが並べられ
    そこでお茶を楽しむ

    焼小籠包はそんなくつろぎの時間に
    欠かせないアイテムでもあったようです

    つづく


    スポンサーサイト

    テーマ : B級グルメ
    ジャンル : グルメ

    オンラインショッピング
    ホームページはこちら↓
    Social media
    ホームページツイッターチャイデリカフェイスブックチャイデリカツグーグル+チャイデリカ
    お客様の声
    お客様の声
    カテゴリ
    最新記事
    私が店長です
    chaidelica 詳しくは>>

    おいしい焼き小籠包の為に

    日々精進しています

    よろしくお願いします

    お問い合わせ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    求人情報
    CHAIDELICA
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブックマーク
    店舗地図
    長崎新地中華街近くです

    大きな地図で見る
    長崎駅から
    正覚寺下行き
    西浜町電停下車
    銅座郵便局近く
    ブログランキング参加中です
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。