FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    創業支援

    今回はコンサルタントのはなし

    わが街に中小企業応援センターというのがあり
    それに 友達も登録しており
    「絶対 ためになるから」
    っといって 強くすすめるもんだから

    「まぁ、どうせ ただ だから・・・」

    と軽いノリで創業支援依頼をさせていただきました

    最初はあんまり あてにしてなかったんですが
    専門の方に実際に会って話してみると

    やっぱり 違う!!

    今回は 立地場所についてご相談
    この街の細かい状況に精通されており
    すっごく ためになりました

    人脈も豊富のご様子ですし
    何かと参考になるおはなしが次から次に湧いてきます

    こういった機関はどの街にもあるでしょうから
    みなさんも起業の際はぜひぜひご利用してみてください

    親身に相談にのってくれる姿に感激しますよ・・・きっと

    といっても 事業仕訳で
    まもなく なくなるらしいんですがね

    ( ̄∇ ̄;)

    考え直してよ・・・蓮舫さん

    テーマ : カフェ開業
    ジャンル : 就職・お仕事

    焼小籠包のお召し上がり方

    焼小籠包をがぶりと食べると

    熱々のスープが飛び出しとても危険です

    やけどしたりスープが飛び散り

    服など汚す恐れがありますので

    まずは箸や口で小さく穴を開け

    やけどに注意しながら

    スープから味わってください

    テーマ : B級グルメ
    ジャンル : グルメ

    前編

    焼小籠包の歴史についてお調べいたしました

    上海では1920年代ごろから人気が集まるようになったようです

    当時の市街地には
    お湯を沸かして住民に提供する
    「老虎釜」と呼ばれる施設がありました

    re050321002_convert_20101211121736.jpg


    大きな湯沸かし器があり 
    真冬には湯気がもくもくと立ち上がっている
    毎日 住民たちが集まってくるので
    老虎釜の周りに自然と椅子やテーブルが並べられ
    そこでお茶を楽しむ

    焼小籠包はそんなくつろぎの時間に
    欠かせないアイテムでもあったようです

    つづく


    テーマ : B級グルメ
    ジャンル : グルメ

    後編

    1930年代には焼小籠包専門店が出てきました

    当時の上海には「茶楼」という
    現在の喫茶店みたいなお店がたくさんありました

    926-1.jpg


    「蘿春閣」はそのうちの一つ
    経営者は有名な企業家 黄楚九さんです

    黄さんの本業は漢方薬局と娯楽施設の運営
    茶楼は副業として開きました

    上海に往来する商人たちに
    商談の場を提供しながら漢方薬をセールスしました

    当時 茶楼のメニューは飲み物だけだったそうです
    多くのお客さんが空腹のままお茶を飲んでいました


    そこで もっとお客さんに満足いただくために・・・
    と思った黄さんは 
    屋台を茶楼に設置し 腕がいい職人を雇って
    安くて質のいい焼小籠包を提供しました

    1_convert_20101211132318.jpg


    すると見る見るうちに評判になって
    焼小籠包目当てにお客さんが集まるようになりました

    当時「蘿春閣」といえば
    焼小籠包の代名詞になるほど知名度が高くなり
    大繁盛のお店となったようです

    imagesCALH7EIE.jpg



    焼小籠包はコラーゲンスープを使うか使わないかで
    餡の種類が分かれます

    コラーゲンスープを使った餡のことを「混水」
    使わない餡のことを「清水」と区別しています

    上海人は、スープが豊富な「混水」派と
    具のうま味を追求した「清水」派に分かれ
    それぞれ 好みの店で存分に食したようです

    現在上海で売られている焼小籠包は
    ほとんどは「混水」となっており
    「清水」を食べさせてくれる店は少ないようです

    ただ 時代がうつり変わっても
    いつまでも庶民に愛され続けているのは
    間違いありません

    テーマ : B級グルメ
    ジャンル : グルメ

    プロを交えた試食会

    こんなにたくさんの焼小籠包を作ってきても
    やっぱり 人の評価は気になるものです

    というか 人の意見は十分に聴いて 
    常に改善の姿勢であり続けることは大切ですよね

    ということで、またまた 試食会です

    今回は 夫の友人とそのまた友人
    4名の方をお招きさせていただきました
    で その中には 業界の方(つまりプロ)もいらっしゃるそうで
    夫からは「ぬかるなよ」みたいなこと言われて
    ちょっと ドキドキ・・・

    いくらか緊張しながらも
    アツアツに焼きあげ テーブルに差し出し
    「まずは食べ方のご説明から・・・」

    焼小籠包を目の前に みなさん興味深々のご様子

    で スープの飛び出しに注意してもらいながら
    食べていただきました

    「うん これなら いける」

    とても嬉しいお言葉をいただきました
    長崎ならではの ちょっと甘めの味付けが
    ご老人にも受け入れられるとのことでした

    その後 専門家の立場から
    仕入れ コスト 立地 価格についてのアドバイスや
    開業後のご支援等
    非常に貴重かつ心強いお話をいただきました

    とても感謝いたしております

    この方々の御恩を無駄にしないよう
    しっかりと 頑張っていかないと・・・

    そう心に誓った夜でした

    テーマ : カフェ開業
    ジャンル : 就職・お仕事

    オンラインショッピング
    ホームページはこちら↓
    Social media
    ホームページツイッターチャイデリカフェイスブックチャイデリカツグーグル+チャイデリカ
    お客様の声
    お客様の声
    カテゴリ
    最新記事
    私が店長です
    chaidelica 詳しくは>>

    おいしい焼き小籠包の為に

    日々精進しています

    よろしくお願いします

    お問い合わせ
    最新コメント
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    求人情報
    CHAIDELICA
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    ブックマーク
    店舗地図
    長崎新地中華街近くです

    大きな地図で見る
    長崎駅から
    正覚寺下行き
    西浜町電停下車
    銅座郵便局近く
    ブログランキング参加中です
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。